耳鼻科ランキングの記事一覧 - 新宿駅から近い評判のよい耳鼻科ランキング!

menu

耳鼻科ランキング

HOME » 耳鼻科ランキング

アレルギーテストはどのような内容なのか?

増えるアレルギー症状

厚生労働省の調査によると、日本人の約3人に1人は何らかのアレルギー症状があって、中でも花粉症の患者数は1500万人以上で、その予備軍は患者数と同数を上回ると考えられています。
花粉症は、遺伝子や環境問題、食品・食品添加物の問題などの要因が大きく影響しますし、地球温暖化の影響で花粉の飛散量が増加するとも予測されているのです。
その結果、花粉症の低年齢化と高年齢化が同時に進行する恐れがあって、今後も花粉症患者の増加は続くとみられています。

対策としては花粉症シーズンに症状が重篤化しないために、花粉の飛散し始める約2週間前から行なう初期治療が効果的で、約7割の患者がその治療効果を認めているのです。
ですから、花粉症が心配な方や何らかのアレルギー症状がある方は、初期治療が始まるまでにアレルギーテストを受けておくと、アレルゲンが特定できて予防や治療につながります。
アレルギーテストはどのような内容なのか? の続きを読む

ブタクサの花粉で起こる体の不調

秋の花粉症を引き起こす植物

一般的に花粉症といえば春のスギやヒノキの花粉を考えますが、実は春と秋の年2回花粉症のシーズンは訪れるのです。

6月~7月を過ぎると花粉の飛散は比較的少ないのですが、8月頃からブタクサやヨモギといった草本植物の受粉時期を迎えます。

その為、10月頃までは秋の花粉症シーズンとなって、秋の花粉のアレルギーを持っている人にとって辛い時期になるのです。

そこで、アレルギーの原因となる秋の植物は何なのかを知れば、早めに対策をとることにも役立ちます。

ブタクサの花粉で起こる体の不調 の続きを読む

ヒノキの花粉も体の不調を引き起こすアレルゲン

アレルゲンになるヒノキ花粉

花粉症というと真っ先にスギやヒノキの花粉を連想しますが、同じ花粉症でもアレルゲンとなる植物は人それぞれですし、体の不調の現れ方にも違いがあります。

スギやヒノキの花粉は、2月~3月に花粉症により不調が現れる人のアレルゲンで、春の花粉症の代表的なアレルゲンとして有名です。

ヒノキの木は一本の樹木に雄花と雌花が咲く雌雄同株で、スギと同じく風媒花なので雄花が作る花粉を風に運んでもらいます。

地域でスギとヒノキの花粉飛散時期は若干異なって、一般的にはヒノキの方が遅く飛散するのですが、近年ではほぼ同時期に飛散するようになっているのです。

また、その飛散量も年度や地域により、スギよりもヒノキ花粉の方が飛散量が多いといった現象も見られます。

ヒノキの花粉も体の不調を引き起こすアレルゲン の続きを読む

赤ちゃんはかゆみはアトピーが原因?

赤ちゃんのぐずぐずがとまらないときは全身チェック

赤ちゃんが痒みを感じている時、かゆいと言葉で言えません。

ぐずぐず、不機嫌な泣き方が続くことがあります。

赤ちゃんのぐずぐずの原因がわからないときには赤ちゃんの全身をチェックしてみてください。

赤くなっていたり湿疹ができているところはありませんか?
赤ちゃんは手が届くところが痒い場合には自分で何度もかくので見た目でもわかります。

ところが赤ちゃんの手の届かないところがかゆい場合には、言葉で言えないのでぐずぐずと不機嫌になります。

赤ちゃんはかゆみはアトピーが原因? の続きを読む

くしゃみの原因

くしゃみの原因

くしゃみが出ること自体は異常ではありませんが、回数があまりに多かったり、毎日くしゃみが止まらないなどのときは何が原因か気になりますよね。

原因としてよくあるのは、まず風邪です。
このときは体にウイルスや細菌が入り込んでいるため、それを外に出すためにいろいろな反応が出ます。
その一つがくしゃみです。
これによって体内のウイルスを外へと排出するのです。
このときはくしゃみを無理に止めない方が早く体調不良も治ったりしますが、そのくしゃみにはウイルスや細菌が含まれているため、周囲にうつさないようにハンカチやティッシュなどで口や鼻を覆うといいです。

もう一つ、よくある原因となるのがアレルギーです。
花粉症のときにくしゃみが多く出たりしますよね。
これは花粉に対するアレルギーでそうなっているわけです。

アレルゲンは花粉だけではありません。
ダニ、ハウスダストなどに反応してくしゃみが出る方もおられます。
何にアレルギーがあるかは人によって変わります。

原因が風邪ならやがて自然に止まる場合も多いですが、アレルギーの場合は自分が強く反応しているアレルゲンが周囲から除去されない限り、くしゃみが出続けます。
自分が持っているアレルギーを調べ、そのアレルゲンをなるべく自分の周囲から除去すること、そして完璧に除去するのが難しいアレルゲンになる場合はアレルギーを抑える薬を使うことが大事です。

くしゃみが気になるときは

先によくある原因をご紹介しましたが、実際にくしゃみの症状が強く、原因や止める方法を知りたいときには病院の受診がおすすめです。
くしゃみがひどいときは耳鼻科がおすすめとなります。
こちらは鼻の専門の病院となるため、鼻を詳しく調べてそのくしゃみについての原因を調べてくれます。
風邪やアレルギーがよくある原因ですが、どちらの場合も症状が気になるときは治療薬の処方が可能です。

特にアレルギーの場合は自然に症状が治るとは限らないため、薬はしっかりもらっておくといいでしょう。
アレルギーが疑われる場合、何アレルギーなのかといった詳細を検査で調べられる場合も多いです。
このような対応ができる耳鼻科は新宿でたくさんあります。
駅に近い、診察時間が長いなど、利用しやすい病院を選ぶといいでしょう。
駅に近い病院がよければ新宿駅南口のすぐ近くに病院があります。
仕事をしている方でも便利な病院がよければ西口の近くの耳鼻科などおすすめです。
なお、そのくしゃみの原因がおそらくはアレルギーと自分でわかる場合、アレルギー性鼻炎などの診察をしている内科もおすすめとなります。

鼻水の原因とは

鼻水の原因とは

鼻水が出るのは日常的によくあることですが、そもそも鼻水はなぜ出るのでしょうか?
これはさまざまで、病院で治療をせずに自然に治る場合もありますが、それを必要とする場合もあります。
いくつか原因についてご紹介しましょう。

風邪

風邪をひいたときの症状は複数出る場合も多いですが、その一つとして鼻水が出ることは多いです。
ネバネバした鼻水が出ることが比較的多く、場合によっては黄色っぽい色のついた鼻水が出ることもあります。

アレルギー

アレルギーも鼻水が出る原因の一つです。
代表的なのは花粉症ですね。
春先のスギ花粉やヒノキ花粉などに反応して鼻水が出る方も多いでしょう。
この春先に飛ぶもの以外の花粉に反応する方もおられますし、ダニ、ハウスダスト、イヌ、ネコなど、別のアレルゲンに反応して鼻水が出る方もおられます。
比較的さらさらしている鼻水が出ることや、アレルゲンがある限りは鼻水が出続けることが多いのが特徴です。

慢性副鼻腔炎

鼻炎が慢性化したような状態となり、ずっと鼻がつまった状態が続きます。
鼻の風邪やアレルギーからこの慢性副鼻腔炎になる場合もあります。
なお、蓄膿症という病名を聞いたことがある方も多いでしょう。
この慢性副鼻腔炎を一般的に蓄膿症と呼ぶことが多いです。
鼻の奥でずっと鼻水がつまっているような状態となり、息苦しい、においや味がよくわからないといった症状のほか、鼻水が喉に流れる、鼻や口から悪臭がする、頭や目の周りなどが重い感じがするなどの症状が出ることもあります。
鼻水はやはり粘り気のあるものが多く、黄色っぽいものなど色のついた鼻水が見られる場合もあります。

鼻水で困っているときは

鼻水の原因をいくつかご紹介しましたが、実際に鼻水で困っているときは耳鼻科や内科などを考えてみるといいです。
どちらを選ぶといいかについて、風邪やアレルギーなどの鼻水なら内科でも対応できる場合が多いですが、蓄膿症のような比較的重い症状になっている場合、どちらかというと耳鼻科がおすすめです。
また、今起きている鼻水についてより詳しい診察を受けたいときもどちらかといえば耳鼻科がおすすめとなります。
そちらを選ぶと鼻の奥の診察ができるため、今出ている鼻水や鼻の状態をよく確認して診断ができます。
内科でも鼻水についての診察は可能ですが、より詳しい診察ができるのは耳鼻科だと覚えておくといいです。
新宿では新宿駅の近くに耳鼻科も内科もありますから、鼻水の症状や希望する診察でどちらかを選ぶといいでしょう。

花粉症になったら耳鼻科へ

花粉症と耳鼻科

花粉症になると症状がつらく、とてもそのままでは生活できないことも多いでしょう。
そんなときは病院に行くといいですが、受診先としてよく選ばれるのは耳鼻科です。
アレルギーの診察もよく行っていますし、花粉症で症状が出ることが多いのは鼻水やくしゃみや鼻づまりなどとなります。
耳鼻科が専門的に診察している部位の症状となりますから、耳鼻科で詳しい診察を受けられ、適切な薬を処方してもらえます。
花粉症になったら耳鼻科へ の続きを読む

アレルギー検査の費用

アレルギー検査について

アレルギー検査を受けると自分が持っているアレルギーを調べられます。
費用はかかりますが、アレルギーは完治が難しい上に場合によっては激しい反応が出ることもあり、自分が持っているアレルギーを把握しておくことは大事です。
花粉症やアレルギー性鼻炎といったアレルギー体質の方など、機会があればアレルギー検査を受けておくといいでしょう。
アレルギー検査の費用 の続きを読む

アレルギーテストの予算

アレルギーテストを受けたい

自分にアレルギーがあると思う場合、どんなアレルギーなのか詳しく調べたいこともあるでしょう。
そのようなときに行われるのがアレルギーテストです。
各アレルギー物質に対してアレルギーがあるかどうか、血液を使って調べるのが一般的です。
これで具体的なアレルギーがわかることも多いですが、普通の診察に加えて検査を受けるわけですから、予算がどれくらい必要なのか確認しておきたいでしょう。
アレルギーテストの予算 の続きを読む